女性宮家、付帯決議で合意

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「新年祝賀の儀」に臨まれる天皇、皇后両陛下と皇族方=1月1日、宮殿・松の間

 自民、公明、民進3党は30日、天皇陛下の退位を実現する特例法案に伴う付帯決議案で合意した。衆院議院運営委員会の佐藤勉委員長(自民党)が29日に各党派に示した案を民進党が受け入れた。政府に検討を求める項目として「女性宮家」創設を明記したが、検討開始は「法施行後速やかに」と記述するにとどめ、国会報告期限も明示しなかった。特例法案は6月1日に同委で審議入りし、2日に衆院を通過する見通し。与党は来週に参院で成立させる考えだ。

 3党が合意した付帯決議案では、皇室が抱える問題について「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等」と記述している。