ドイツ杯優勝のドルト香川が帰国 「深みのあるシーズン」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ドイツから帰国し、取材に応じるサッカー日本代表の香川真司=30日、羽田空港

 サッカー日本代表のMF香川真司(ドルトムント)が30日、羽田空港に帰国し、ドイツ・カップを制して終えたシーズンを振り返り「苦しいことも経験し、最後に優勝を勝ち取った。深みのあるシーズンだった」と充実感を漂わせた。

 前半戦は出場機会が少なかったが、後半戦は出番を増やした。練習に加えて体調管理にも努めた成果で、チームバスの爆発事件も乗り越えてタイトルをつかんだ。「来年はもっと上にいける」と手応えを口にした。

 6月13日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦に向けて「勝つことに集中したい。いい形で本当のシーズンを終えたい」と語った。