革新機構、出資案決まらず 東芝の半導体子会社に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 官民ファンドの産業革新機構は30日、有識者や財界人らで構成する意思決定のための「産業革新委員会」を開き、東芝が売却手続きを進めている半導体子会社「東芝メモリ」(東京)への出資について議論した。入札に参加した各陣営の状況などについて説明を受けたとみられるが、具体的な入札の枠組みや金額の決議には至らなかった。

 志賀俊之会長は委員会の後、記者団に「報告を受けたが、特に何かを議決したわけではない」と述べた。