幼稚園バス運転手、体調急変か 同乗職員説明、大阪・八尾

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府八尾市で私立「星の光幼稚園」(同府松原市)の送迎バスが道路の案内標識に衝突した事故で、同乗の50代女性職員が「運転手の様子がおかしいことに気付き、とっさに人がいない歩道へ自分がハンドルを切った」と府警に説明していることが30日、幼稚園関係者への取材で分かった。

 府警は男性運転手(65)の体調が急変し、事故が起きた可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで調べる。

 バスに乗っていた8人のうち、4~5歳とみられる男児5人と女性職員、運転手の計7人が打撲などの軽傷を負った。