豪、小児性愛者渡航禁止へ 「世界初」法案

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【シドニー共同】オーストラリアのビショップ外相は30日、性犯罪の刑期を終えた小児性愛者が引き続き当局の監督下にある場合、正当な理由無しには海外に渡航できないようにする法案を提出すると発表した。外国での子どもへの性犯罪を防ぐ狙いで、ビショップ氏は「世界初」の措置とした。

 オーストラリアでは現在、推定2万人が当局の監督下にあるが、2016年には約800人が東南アジアなどに渡航。うち3分の1以上は無届けだったという。