NY円、110円後半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】連休明け30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=110円後半で取引された。米国の株価下落や長期金利の低下を背景に、ドルを売って円を買う動きが優勢となった。

 午後5時現在は前週末比49銭円高ドル安の1ドル=110円77~87銭。ユーロは1ユーロ=1・1179~89ドル、123円92銭~124円02銭だった。