女性記者にキス、全仏大会追放 1回戦で敗退の地元男子選手

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【パリ共同】テニスの全仏オープンの主催者は30日、男子シングルスの世界ランキング287位で21歳のマキシム・アム(フランス)が、1回戦で敗退した29日に「女性記者に対して不適切な行動を取った」として大会身分証を剥奪する追放処分を発表した。テレビのインタビューを受けた際に肩に手を回し、執拗にキスしようとした。

 ロイター通信によると、女性記者は「生放送でなければ彼にパンチを見舞っていた」と語っているという。フランス・テニス連盟の会長は問題の調査を指示した。