英保守党、過半数割れも 世論調査、EU離脱に影響

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 英国のメイ首相

 【ロンドン共同】6月8日の英下院(定数650)総選挙を前に、世論調査大手「ユーガブ」が行った最新の支持率調査で、与党保守党が過半数割れに追い込まれる可能性があるとの結果が出たと、英紙タイムズ(電子版)が30日報じた。

 解散前330議席だった保守党は第1党を維持するが、20議席減の310議席となる可能性があるという。その通りになればメイ首相は欧州連合(EU)離脱で主張が異なる野党との連立を模索せざるを得なくなるほか、政権交代が起こる可能性もあり、離脱交渉に重大な影響を与えそうだ。