大阪府議会で森友学園審議 設置認可や補助金問題

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府議会は31日の教育常任委員会で、学校法人「森友学園」による小学校の設置認可申請を巡る経緯や、運営する幼稚園の補助金不正受給問題などを審議した。府教育庁は、詐欺容疑で籠池泰典前理事長の告訴状を送付したと報告し、対策として補助金支給要件の厳格化などを検討する考えを示した。

 府議会は3月23日の本会議で、設置認可に関する協議過程を検証するため、府私立学校審議会(私学審)の梶田叡一会長の参考人質疑を実施。だが一部の会派は「真相が解明されていない」と指摘している。