五輪の被災地開催に復興相謝意 都知事「連携して応援」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 吉野復興相(左)と会談する東京都の小池百合子知事=31日午前、都庁

 吉野正芳復興相は31日、東京都庁で小池百合子知事と会談し、2020年東京五輪・パラリンピックで、野球・ソフトボールなどの試合が被災地で実施されることに謝意を伝えた。「被災地がこれだけ復興したという姿を、五輪で見せたい」と述べた。

 小池知事は「復興が加速するよう(被災地と)連携して応援していきたい」と応じた。

 吉野氏は、都が被災自治体に延べ3万人以上の職員を応援派遣していることにも感謝の意を示し、支援の継続を要請した。