別府の湯で福岡に恩返し 熊本地震の復興支援受け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 「別府温泉」で知られる大分県別府市の長野恭紘市長は31日、昨年4月の熊本地震の被災・復興支援の返礼で温泉の湯を届ける「恩泉」事業の第1弾として、別府の湯を積んだトラックに乗って福岡市役所を訪れた。

 長野市長は、福岡市職員数十人に拍手で迎えられ、福岡市の高島宗一郎市長と握手。震災直後に福岡市から救援物資が届けられたことなどに感謝し「物心ともにお世話になった。今度は別府市の宝である温泉で元気を届ける番だ」とあいさつした。

 別府市によると地震後、宿泊のキャンセルが相次ぎ、昨年のゴールデンウイークの宿泊者数は前年比33%減まで落ち込んだ。