中3女子自殺で文科省調査 取手市教委、三者委見直し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2015年11月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、文部科学省は31日、同市教育委員会の担当者を呼び、対応に不備がなかったか聞き取り調査を行った。市教委はいじめと自殺の因果関係などを調べる第三者調査委員会の在り方も含めて、調査の見直しを検討すると明らかにした。

 市教委は、生徒へのアンケートや面談でいじめの事実が確認できなかったとして16年3月、いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」に該当しないと議決。その後、文科省の指導もあり「当時は認識不足があった」として議決を撤回した。