上戸彩が吉瀬に焼きもち 映画「昼顔」試写会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 社会現象にもなったテレビドラマの続編を描いた映画「昼顔」(6月10日公開)の特別試写会が東京都内で開かれ、俳優の上戸彩と斎藤工が舞台あいさつした。

 2014年、平日昼間に夫以外の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語「平日昼顔妻」をテーマにしたドラマが放送されると、「昼顔」は流行語になった。映画で、紗和(上戸)と北野(斎藤)が再び巡り合う。

 ドラマで複数の男性との不倫を楽しむ利佳子役で出演していた吉瀬美智子が、サプライズで登場。斎藤が「信じられないくらい、きれいですね」と称賛すると、上戸は「なんでそんなこと言うんだよ」と焼きもちを焼いた。

 3人は「愛の依存度診断」と題した心理テストに挑戦。上戸は「自分本位で貪欲な愛のハンター、利佳子タイプ」、吉瀬は「引っ込み思案な紗和タイプ」と、役柄と正反対の結果になった。

 吉瀬は「合っていると思う。ドラマの撮影前から、彩ちゃんに『私、実は利佳子よりも紗和ちゃんタイプなんだよね』って、言ってたんだよ」と納得顔。

 一方の上戸は「これ本当? 私、分かんないわ」とぶぜんとした様子だったが、斎藤が「ご飯に関してはそうだね。尋常じゃないハンターですよ」とフォローしていた。