待機児童ゼロ、目標3年先送り 首相表明、20年度末に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍晋三首相は31日、認可保育所などに入れない待機児童を2020年度末までに解消する考えを表明した。政府の現行計画では、待機児童解消の目標時期を「17年度末」としているが、達成が困難だとして3年先送りした。

 首相は都内での講演で、18年度から「意欲的な自治体を支援するため、(保育の受け皿)22万人分の予算を2年間で確保し、遅くとも3年間で全国の待機児童を解消していく」と述べた。さらに21~22年度で10万人分を上積みし、5年間で計32万人分の受け皿拡充を目指す。

 新たな取り組みは「子育て安心プラン」。必要となる財源をどう確保するかは見通しが立っていない。