バド桃田、7月に国際大会復帰 カナダ、全米OPに登録

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 試合を終え、記者の質問に答える桃田賢斗=さいたま市記念総合体育館

 違法賭博問題による試合出場停止処分が解けたバドミントン男子の桃田賢斗(NTT東日本)が7月に国際大会へ復帰することが31日、明らかになった。日本バドミントン協会の上松芳則選手強化本部長から特例の承認を受け、自費でカナダ・オープンと全米オープンにエントリーした。

 日本代表以外の選手の国際大会自費参加は原則、前年の全日本総合選手権に登録した選手のみ申請できる。出場停止処分中だった桃田は昨年の大会に出ていないが、上松選手強化本部長は「実績と将来性を評価して特別に許可した」と語った。