震災いじめで横浜市長謝罪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 いじめを受けた男子生徒に面会し謝罪したことを記者会見で明らかにした横浜市の林文子市長=31日午後、横浜市役所

 東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から横浜市に転居した男子生徒(13)がいじめを受けた問題で、横浜市の林文子市長は31日、市役所で男子生徒と母親に面会し、学校や市教育委員会の対応の不備を認め「長い時間つらい思いをさせた」と謝罪した。林市長が男子生徒と会ったのは初めて。面会は約15分間、非公開で行われた。

 被害者側の代理人弁護士によると、男子生徒は「いじめが認められないと、誰も味方じゃないと感じる。ほかの子どもたちに同じような体験をしてほしくない」と申し入れた。林市長は「これからはしっかり子どもの気持ちに寄り添う」と応じた。