NHK受信料、逆転敗訴 テレビ付きアパート入居者

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 テレビなどの家電が備え付けられたアパート「レオパレス」に入居した福岡市の男性が、NHK受信料を徴収されたのは不当だとして返還を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は31日、請求をほぼ認めた一審東京地裁判決を取り消し、男性の逆転敗訴を言い渡した。

 放送法は、受信設備の設置者は受信契約義務を負うと規定。一審判決は「テレビを据え付けたのは男性ではない」として契約義務を否定した。高裁の畠山稔裁判長は「物理的な設置者だけが義務を負うなら、仮に住宅をテレビ付きで購入した場合は対象外になる。法の趣旨に照らせば、テレビを占有し放送を受信できる人にも義務が及ぶ」と指摘した。