卓球、石川や平野ら初戦勝利 世界選手権シングルス始まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子シングルス1回戦を突破した石川佳純=デュッセルドルフ(共同)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】卓球の世界選手権個人戦第3日は31日、ドイツのデュッセルドルフでシングルスの本戦が始まり、女子で世界ランキング6位の石川佳純(全農)と、同8位でアジア女王の平野美宇(エリートアカデミー)がともに4―0で初戦を白星で飾った。初出場の佐藤瞳(ミキハウス)もインド選手にストレート勝ちした。

 女子は他に伊藤美誠(スターツ)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)が2回戦進出を目指す。

 男子はリオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼(木下グループ)が今大会初戦を迎える。