うつ病改善、鍵となる物質特定 マウス実験で岡山理科大など

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 うつ病を改善させる鍵となるタンパク質を、マウスを使った実験で特定したと、岡山理科大などのチームが31日付の米科学誌電子版に発表した。

 このタンパク質を増加させる薬剤をマウスに投与すると、症状が改善することも確かめており、新たな治療薬としての活用が期待できるという。

 チームは、ストレスを与えてマウスをうつ状態にすると、脳内でHSP105というタンパク質が減少することに着目。

 テプレノンという胃薬にはHSP105を増やす作用があり、マウスをうつ状態にしながら投与するとHSP105が増加し、その後、うつ症状が改善した。