「捜査中止に圧力」証言へ ロシア疑惑で前FBI長官

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トランプ米大統領(左)とコミーFBI前長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米CNNテレビは5月31日、解任されたFBIのコミー前長官が、トランプ大統領からフリン前大統領補佐官に対する捜査を中止するよう要求されたと、来週にも上院情報特別委員会で証言する意向だと報じた。捜査機関トップに圧力をかけた司法妨害との指摘を補強することになり、トランプ氏は窮地に追い込まれそうだ。

 コミー氏が公の場で証言するのは、解任後初めて。ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑で、FBIがトランプ陣営とロシア側が共謀した可能性を調べている最中でのコミー氏解任により、トランプ氏が政権に打撃になり得る捜査の中止を狙ったとの批判が出ていた。