米球宴ア・リーグ中間発表 エンゼルスのトラウト最多得票

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 エンゼルスのトラウト(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは5月31日、オールスター戦(7月11日・マイアミ)のファン投票のア・リーグ第1回中間結果を発表し、エンゼルスの外野手トラウトが最多の77万6937票を集めた。トラウトはこの日、負傷した左親指の手術を受けて復帰まで6~8週間となったため、出場は絶望的。

 外野手は新人王の資格を持つジャッジ(ヤンキース)が全体でも2位となる約73万票を獲得し、3位ベッツ(レッドソックス)までが選出圏内。

 遊撃手はリンドア(インディアンス)、二塁手はカストロ(ヤンキース)が1位だった。