内閣参与「早く進めて」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 木曽功氏

 政府の国家戦略特区による学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省の前川喜平前事務次官は1日、昨年8月下旬に文科省OBで学園理事を務め、当時内閣官房参与だった木曽功氏から「早く進めてほしいのでよろしく」との趣旨の話があったと明らかにした。その後、電話での問い合わせもあったという。代理人弁護士を通じ、報道各社に書面で公表した。

 前川氏は5月31日の共同通信のインタビューでも、加計学園グループに所属する文科省OBの訪問を受け、「よろしくと頼まれた。その後も2、3度電話があった」と説明していた。