名古屋で歌舞伎「平成中村座」 初代勘三郎の出身地で8年ぶり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 名古屋城の二之丸広場で始まった歌舞伎公演「名古屋平成中村座」で、あいさつする中村勘九郎さん(左)と中村七之助さん=1日午前、名古屋市

 歌舞伎公演「名古屋平成中村座」が1日、名古屋城の二之丸広場で始まった。故十八代目中村勘三郎さんが2000年に始めた人気公演で、江戸時代初期に活躍した初代勘三郎の出身地ともされる名古屋での開催は8年ぶり。長男の中村勘九郎さんは「すてきな舞台になっているので、たくさんの方々に見てもらいたい」とあいさつした。

 公演が行われるのは名古屋城の天守閣近くの特設劇場。開場を告げる太鼓の音が鳴り響くと、詰めかけた客から拍手が湧いた。

 公演は26日まで計48回。演目は「封印切」「お祭り」「義経千本桜」「仇ゆめ」など。