眞子さまブータンに到着 「幸せの国」8日に帰国

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ブータンに到着され、ユフェルマ王女(左)と記念撮影する眞子さま=1日、パロ空港(共同)

 【パロ、ティンプー共同】秋篠宮家の長女眞子さま(25)は1日(日本時間同)、経由地のシンガポールを出発し、空路でブータンのパロ空港に到着された。単独での外国公式訪問は3回目。友好親善が目的で、8日に帰国する。大学の同級生と婚約されることが明らかになって初めて海外に足を運んだ。

 眞子さまは5月31日に羽田を出発、経由地のシンガポールで1泊した。

 パロから首都ティンプーに車で移動。民俗伝統博物館を訪れ、再現された伝統的な農家の生活を視察する。

 ヒマラヤの小国ブータンは、経済的発展ではなく、心の豊かさを追求する国造りを進め、「幸せの国」と呼ばれている。