アマゾンが最安値条件撤回 通販サイト出品者との契約

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アマゾンのロゴ(AP=共同)

 インターネット通販大手アマゾンジャパン(東京)は、自社通販サイトの商品出品者と結んでいる契約内容のうち、他のサイトに同じ商品を出品していてもアマゾンでの出品価格を最も安くする条件を撤回する。同社の申し出を受けた公正取引委員会が1日発表した。

 この条件を巡っては公取委が昨年8月、独禁法違反(拘束条件付き取引)の疑いで同社を立ち入り検査し、調査を継続してきた。今回の対応を踏まえ、違法性の有無を判断せずに調査を終える。

 公取委が問題視していたのは、出品者が手数料を支払ってアマゾンジャパンのサイトで本や家電を売る「アマゾンマーケットプレイス」の契約。