小池都知事、自民に離党届

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する東京都の小池百合子知事=1日午後、都庁

 東京都の小池百合子知事は1日の記者会見で、党籍が残っていた自民党に同日、離党届を提出したと明らかにした。1日夕には自身が率いる「都民ファーストの会」の総決起大会が都内で開かれ、小池氏が代表に就任した。

 都議選投開票日まで2日で1カ月に迫る中、自民と決別して対立構図を鮮明にした形だ。

 小池氏は会見で「今日都民ファーストの会の代表に就任することが境目だと考えた」と説明。「豊洲市場の移転問題などを確実に進めていかないといけない」と述べた。

 一方、自民党の下村博文幹事長代行(都連会長)は小池氏の離党届提出を受け、記者団に「離党は当然だ。引き留めない」と語った。