退位法案が衆院委可決、全会一致

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 天皇陛下の退位を実現する特例法案を審議する衆院議運委で、趣旨説明する菅官房長官=1日午前

 天皇陛下の退位を実現する特例法案は1日午後の衆院議院運営委員会で、自民、民進、公明、共産、日本維新の会、社民各党の全会一致により可決された。皇族減少対策の一環として「女性宮家」創設の検討を政府に求める付帯決議も採択。自由党は採決前に退席した。法案は2日の衆院本会議で可決。来週、参院で成立する見通しだ。

 政府は、退位の意向をにじませた陛下の昨年8月のビデオメッセージを契機に、有識者会議の議論や国会の各党派の事前協議を踏まえて法案を策定。先月19日に提出し、衆院議運委は異例の1日間の審議で可決した。