待機児童、3年連続増加 4月暫定で2万3700人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 認可保育所などに入れない待機児童が今年4月時点で約2万3700人に上り、昨年の2万3553人より増える見通しであることが1日、厚生労働省の暫定集計で分かった。増加すれば3年連続となる。保育ニーズの高まりに施設整備が追い付いていないことや、待機児童の定義を拡大したことが要因。

 安倍晋三首相は先月31日、待機児童解消に向けた新たな計画「子育て安心プラン」を公表。ゼロ目標の達成期限を、当初掲げた「2017年度末」から「遅くとも20年度末」に3年先送りしたが、道はなお険しい。

 最多は東京都の約8900人で、沖縄県が約2300人、千葉県が約1700人などと続いた。