将棋の棋聖戦、羽生が先勝 第1局

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 将棋の第88期棋聖戦5番勝負の第1局は1日、兵庫県洲本市で指され、後手の羽生善治棋聖(46)が110手で挑戦者の斎藤慎太郎七段(24)を破り、先勝した。

 羽生棋聖には10連覇が懸かり、斎藤七段はタイトル初挑戦での奪取を目指す。

 第2局は17日、愛知県豊田市で行われる。