北陸新幹線トンネル工事で被害 180棟超、ゆがみや傾き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 門の支柱と基礎石の間に隙間ができたり、地面にひびが入ったりした小内八幡神社=1日午後、長野県中野市

 北陸新幹線長野―飯山駅間にある高丘トンネル(長野県中野市、延長6944メートル)の建設工事の影響で、周辺の住宅など少なくとも88世帯182棟にゆがみや傾きなどが生じていたことが1日、市などへの取材で分かった。

 建設主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構によると、トンネルは2001年3月着工で12年3月に完成。

 市によると、着工後、建物にゆがみや傾きが出たなどの苦情が住民から機構に寄せられた。機構は14年11月までに、182棟の88世帯に補償したと市に報告。減水や渇水が生じた井戸も14カ所で確認されたという。