傘回しや紙立てに大興奮 伝統芸能体験で外国人ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 伝統芸「五階茶わん」を披露し、歓声を浴びる鏡味味千代さん=東京・両国の江戸東京博物館

 傘の上に物を載せて柄を回す日本伝統の曲芸「傘回し」に挑戦した米国人の母娘が大喜び―。外国人向け伝統芸能体験イベントが東京・両国の江戸東京博物館で開かれ、盛り上がりを見せている。

 5月のある土曜日、プロの曲芸師鏡味味千代さんが、会場に集まった髪も肌の色も異なる約100人に「千年続く太神楽は皆さんの厄を払い、幸せをお祈りする芸です」と話し掛け、通訳が英語に訳していく。

 味千代さんが、重ねた茶わんを口でくわえたばちなどで支える伝統芸「五階茶わん」などを披露した後、もっと簡単な「紙立て」の芸をやってみましょうと呼び掛けた。縦長に折った紙を手のひらなどに載せて、どれだけ垂直のままの状態を保てるか。中国と米国の男性、カナダの女性が挑み、鼻に載せ続けた中国の男性が"優勝"。拍手が起きた。

 傘回しには子どもも挑戦。都内在住という米国人母娘は「楽しかった」と興奮気味。バングラデシュ人の男性は「日本っぽい感じがした」と喜んでいた。

 同イベントはアーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)が一昨年度から実施。毎週土曜日、1日3回。曲芸、紙切り、和妻(手品)と週ごとに演目は替わる。日本人も参加できる。

 一昨年度、昨年度で計約3万人が体験、うち3割が外国人で、「伝統を学べて良かった」などと好評だという。