受動喫煙ゼロ目標を撤回 厚労省、がん基本計画

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 厚生労働省が、策定中の第3期がん対策推進基本計画に盛り込むことを検討していた「飲食店での受動喫煙ゼロ」の新目標を撤回する方針を固めたことが1日、分かった。

 受動喫煙防止を巡っては厚労省と自民党との協議が難航し、健康増進法改正案の国会提出のめどが立っていない。厚労省は、がん予防の観点から厳しい姿勢を示したい考えだったが、新目標とこれまでの政府目標に整合性がないとの指摘もあり、踏み込んだ目標設定は難しいと判断した。

 2日に開く専門家らの「がん対策推進協議会」に示す素案には、新目標を記載しない見通し。