砂漠で移民40人超死亡 車故障、飲み水尽きる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ナイロビ共同】西アフリカ・ニジェールのサハラ砂漠で、欧州を目指す移民を乗せたトラックが故障し、飲み水がなくなり40人超が死亡した。ロイター通信が1日までに、赤十字関係者の話として報じた。

 トラックに乗っていた6人が、村まで歩いて助けを求め発覚した。死亡した人の大半は西アフリカのガーナとナイジェリア出身で、赤ん坊や子どもも含まれるという。

 ロイター通信によると、砂漠を走るトラックには移民が詰め込まれ、十分な飲み水を運ぶスペースがない。地中海でも遭難が多発しているが、砂漠で命を落とす移民の方が多い可能性があるという。