米空母、ペルシャ湾へ出港 朝鮮半島付近で活動せず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米海軍の原子力空母ニミッツが1日、西部ワシントン州の海軍基地を出港した。CNNテレビによると、西太平洋を通過してペルシャ湾に向かう予定で、朝鮮半島付近では活動しない。

 米海軍は北朝鮮情勢をにらみ、日本海に空母カール・ビンソンとロナルド・レーガンの2隻を展開。韓国海軍は、現地時間5月31日夜のうちにカール・ビンソンが朝鮮半島周辺海域から離れると明らかにしている。