「かりゆし」姿で閣議 首相「軽くて涼しい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 閣議に臨む(左から)石原経済再生相、安倍首相、麻生財務相=2日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は2日午前、閣僚と共に沖縄の夏の正装「かりゆし」で閣議に臨んだ。6月の最初の閣議で着用するのが恒例となっており、夏の軽装「クールビズ」を推進する狙い。沖縄県の翁長雄志知事から贈られたピンク色のかりゆしを着た首相は、官邸到着時に記者団から着心地を問われ「軽くて気持ちいいですね。涼しいです」と笑顔で答えた。

 閣議前の写真撮影時には、麻生太郎財務相や岸田文雄外相に「(かりゆしは)年間40万枚売れている」と話していた。