「その程度の国」と麻生氏 国際連盟不参加引き合いに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 麻生太郎副総理兼財務相は2日、トランプ米大統領がパリ協定からの離脱を決めたことについて「その程度の国だと思っている」と述べた。閣議後の記者会見で語った。

 麻生氏は、米国が以前も京都議定書から離脱したことや、第1次世界大戦後に国際連盟の創設を主導しながらも参加しなかったことに言及。「シェールガスなどのおかげで米国は(化石燃料を)輸出する側になってきている。それで『ちょっと待てよ』という話にいったんだと思う」と述べた。