金属の足場落下で女性けが、大分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 落下した金属製の足場でフロントガラスが壊れた車=2日午後、大分市

 2日正午ごろ、大分市城崎町2丁目のマンション新築工事現場で、最上部に設置したクレーンで運んでいた金属製の足場五十数枚が落下、市内のパート従業員の女性(63)が負傷し、車3台も壊れた。大分中央署によると、女性は頭にけがをして入院したが、命に別条はない。詳しい事故状況を調べている。

 署によると、1枚の足場は長さ2メートル、幅50センチ、厚さ1センチで、重さ3~4キロ。女性は工事現場に弁当を届けに来ていた。マンションは14階建てで、クレーンは13階部分に設置されていた。