眞子さま、国王夫妻と面会 振り袖姿で歓迎行事に、ブータン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ワンチュク国王夫妻との面会に向かわれる眞子さま=2日、ブータンの首都ティンプー(代表撮影・共同)

 【ティンプー共同】ブータンの首都ティンプーを訪問中の秋篠宮家の長女眞子さまは2日(日本時間同)、国王執務室や行政機関、僧院が集まる建物「タシチョゾン」で歓迎行事に臨み、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王夫妻とも面会された。

 眞子さまは、淡い黄色に松や梅が描かれた振り袖姿。中庭に敷かれた赤じゅうたんの上を、伝統的な楽器の演奏や歌、踊りの先導を受けながら緊張した面持ちで歩いた。

 国王夫妻との面会は非公式に約40分。通訳を入れず英語でやりとりした。眞子さまは「日本とブータンの友好関係がますます進むことを希望します」という天皇陛下からのメッセージを伝えた。