作家の杉本苑子さん死去 緻密で骨太な歴史小説

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 死去した杉本苑子さん

 「孤愁の岸」「滝沢馬琴」など緻密で骨太な歴史小説を発表してきた作家で文化勲章受章者の杉本苑子(すぎもと・そのこ)さんが5月31日午前、老衰のため死去した。91歳。東京都出身。

 文化学院を卒業後、「サンデー毎日」の懸賞小説入選をきっかけに吉川英治に師事。1963年、江戸時代の薩摩藩士による宝暦治水を描いた「孤愁の岸」で直木賞を受賞。この他、「滝沢馬琴」で吉川英治文学賞、「穢土荘厳」で女流文学賞を受けた。

 87年に紫綬褒章、95年に文化功労者、2002年には「歴史小説の領域を広げた」として文化勲章を受章した。同年菊池寛賞。