18年度からの子育てプラン公表 厚労相、保育整備は都市部に重点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 塩崎恭久厚生労働相は2日、待機児童の解消に向け、2018年度からの新計画「子育て安心プラン」で取り組む事業を発表した。安倍晋三首相が先月31日に表明した3年間で22万人分の保育の受け皿整備を達成するため、大規模マンションへの保育所設置など、都市部対策を重点的に盛り込んだ。

 都市部では土地価格が高騰しており、賃借料を補助することで施設整備を進める。また、大規模マンション建設をきっかけに子育て世帯が流入し、地域の受け皿が不足するケースに対応するため、建設事業者らに保育所を併設するよう促す。