「子育て」財源、保険も選択肢 政府が骨太方針案を提示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 経済財政諮問会議で発言する安倍首相=2日午後、首相官邸

 政府は2日、経済財政諮問会議を開き、経済財政運営の指針「骨太方針」案を提示した。幼児教育と保育の早期無償化、待機児童解消を優先課題とし、新保険導入などを選択肢に年末にかけて財源捻出策を検討。財政健全化では、基礎的財政収支を2020年度までに黒字化する目標を維持した上で、同時に国内総生産に対する債務残高比率を安定的に引き下げる目標を併記し、経済成長を重視する安倍政権の姿勢を示した。9日に閣議決定する予定。

 所得格差と人手不足が深刻化しており、人材投資を通じた生産性向上を柱に据えた。夏以降、人材投資の具体策を練る新会議を発足させ、財源議論を本格化させる。