市教委が調査委の解散を正式決定 茨城取手中3自殺問題で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2015年11月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、市教育委員会は2日、臨時会を開き、自殺の原因を調べていた第三者調査委員会を両親の求めに応じて解散することを決めた。

 菜保子さんの父考宜さん(45)と母淳子さん(47)は、これまでの第三者調査委が「いじめの事実が確認できなかった」とする市教委の判断を前提にしているとして、調査の中止と解散を要望していた。

 市教委は文部科学省から5月29日と31日に指導を受け、16年3月の議決を撤回、「いじめはあった」と認めていた。