男子ゴルフ、キューが暫定首位 ツアー選手権第2日、日没順延

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第2日、4番でティーショットを放つアンジェロ・キュー。通算7アンダーで暫定首位=宍戸ヒルズCC

 ツアー選手権森ビル杯第2日(2日・茨城県宍戸ヒルズCC=7384ヤード、パー71)雷雲接近で開始が1時間遅れ、6人が日没までにプレーを終えられなかった。ツアー未勝利の38歳、アンジェロ・キュー(フィリピン)が68で回り通算7アンダーの135で暫定首位。2打差でスンス・ハン(米国)が続いた。

 通算4アンダーの暫定3位に中島徹と金亨成(韓国)。3アンダーの5位に大堀裕次郎ら3人が並び、さらに1打差で小田孔明、遠藤彰らが続いた。昨年優勝の塚田陽亮は7オーバー、宮里優作は9オーバーで予選落ちが確実となった。