薬取り違え服用患者死亡、新潟 三条総合病院

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新潟県三条市の三条総合病院は2日、入院していた同市の70代男性の治療薬を薬剤師が取り違え、男性が誤った薬を服用後に死亡したと明らかにした。死亡と誤薬の関連を調べている。

 病院によると、男性はアルコール性肝硬変の患者で4月中旬に入院。同27日に薬剤部で内服薬を調剤した際、肝性脳症の治療薬「リフキシマ錠」ではなく、血液を固まりにくくする抗凝固薬「リクシアナ錠」が取り違えて用意された。

 男性は28日から30日までリクシアナ錠を内服、5月1日に消化管出血のため死亡した。男性は内服前から重症で、内臓から出血があってもおかしくない状況だったという。