バスケ3人制の採用有力 東京五輪新種目、9日決定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 バスケットボール3人制の日本選手権=3月、東京・大田区総合体育館

 2020年東京五輪の新種目として、バスケットボールの3人制の採用が有力となっていることが2日、分かった。大会組織委員会の幹部も「一番有力だと聞いている」と述べた。国際オリンピック委員会(IOC)は当初、7月の理事会で新種目を決定するとしていたが、約1カ月前倒しし、9日の臨時理事会で決めることになった。

 別の大会関係者は男女3人ずつで争う柔道の混合団体についても「可能性は十分あると聞いている」と明らかにした。IOCのコーツ副会長はトライアスロンの混合リレーなども含め、各競技の国際連盟(IF)から計68の新種目の提案があったことを明らかにしている。