米のパリ協定離脱「大きな誤り」 EU中国首脳が記者会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2日、ブリュッセルで共同記者会見する(左から)ユンケルEU欧州委員長、李克強・中国首相、トゥスクEU大統領(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】中国の李克強首相と欧州連合(EU)のトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長は1、2の両日、ブリュッセルのEU本部で、EU中国首脳会談を開いた。トゥスク氏は2日、李氏との共同記者会見で、EUと中国は地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」からの米国の離脱を「大きな誤り」と見なしていると述べた。

 トゥスク氏によると、双方は温暖化対策で協力していくことを確認した。ただ、EU筋によると、通商問題の対立が原因で、双方によるパリ協定履行の決意をうたう共同声明が出ない見通しとなった。