松山、13位から40位に後退 米男子ゴルフ第2日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第2ラウンド、通算イーブンパーで40位の松山英樹。9番でバンカーショットを放つ=ミュアフィールドビレッジGC(共同)

 【ダブリン(米オハイオ州)共同】米男子ゴルフのメモリアル・トーナメントは2日、オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、13位から出た松山英樹は4バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74で通算イーブンパー、144の40位に後退した。

 石川遼は75と振るわず通算4オーバーで予選通過に1打及ばなかった。池田勇太も75で9オーバーに終わった。

 連日の65と伸ばしたジェーソン・ダフナーが通算14アンダーで単独首位となり、2位のダニエル・サマーヘイズ(ともに米国)に5打差をつけた。