日米豪「最強表現で北朝鮮非難」 防衛相が共同声明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【シンガポール共同】稲田朋美防衛相は3日(日本時間同)、米国のマティス国防長官、オーストラリアのペイン国防相と訪問先のシンガポールで会談した。その後、北朝鮮の核・ミサイル開発について「最も強い表現で再び非難し、非核化に向けた具体的行動を取るよう促す」とした共同声明を発表した。

 会談では北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を非難し、核・ミサイル開発阻止に向けた圧力強化を確認したもようだ。日米両防衛相は3者による会談の直後に2国間でも協議した。結束をアピールする狙いだ。

 日米豪の会談では、中国が一方的に軍事拠点化を進める南シナ海や、東シナ海情勢でも意見交換。