北朝鮮「喫緊の脅威」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 会談前に握手する(左から)韓国の韓民求国防相、米国のマティス国防長官、稲田防衛相=3日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】稲田朋美防衛相は3日、米国のマティス国防長官、韓国の韓民求国防相と訪問先のシンガポールで会談した。核・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮は地域と世界の安全保障に対する「喫緊の脅威」だとの認識で一致した。稲田氏が記者団に明らかにした。今後、圧力を強化していく意向だ。この後、日韓両防衛相は2国間会談を実施した。

 これに先立ち、日米防衛相は個別に会談し「地域の平和と安定に対する明らかな挑発で断じて容認できない」との認識を共有した。稲田氏は米原子力空母の日本海への派遣を高く評価し、北朝鮮への圧力強化が重要だと指摘した。