ロシア疑惑捜査求め全米で集会 パリ協定で賛否両派デモも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3日、米首都ワシントンのホワイトハウス前で、トランプ大統領が表明したパリ協定離脱への支持をアピールする市民ら(共同)

 【ワシントン共同】首都ワシントンやニューヨークなど全米各地で3日、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑を巡りトランプ大統領の側近らとロシアの不透明な関係について公正な捜査を徹底するよう求める集会が開かれた。

 また、ホワイトハウス前では地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」離脱表明について賛成派と反対派の双方が集会を開催。両派の市民が口論する場面もあり、米社会の分断の深さをうかがわせた。

 米メディアによると、ロシア疑惑捜査の徹底を求めるデモは全米135都市以上で呼び掛けられた。